Outlook2007のメールのバックアップとインポート

1.Outlook2007を起動し、[ファイル]−[インポートとエクスポート]をクリックします。




2.メールのデータをバックアップするので、「ファイルにエクスポート」を選択して「次へ」をクリックします。




3.エクスポートするファイルの種類は「個人用フォルダファイル(.pst)」を選択して「次へ」をクリックします。




4.バックアップしたいフォルダを選択します。
ここでは受信メールのバックアップを行うので、「受信トレイ」を選択します。
また、受信メールをフォルダごとに整理している場合は、「サブフォルダを含む」もチェックを入れます。
最後に「次へ」をクリックします。




5.ファイルの保存先とファイル名を指定します。
「参照」ボタンをクリックして、保存先とファイル名を指定してください。
ここでは、デスクトップに「backup.pst」というファイル名で保存するように設定しました。
設定が完了したら、「完了」をクリックします。




6.以下のウィンドウが表示されたら、そのまま「OK」をクリックします。




7.以下のウィンドウが表示されて、バックアップが開始されます。
ウィンドウが閉じたら、バックアップ作業は完了です。
指定した保存先に「backup.pst」ファイルがあることを確認します。







[補足]
送信済みメールもバックアップしたい場合は、前述した手順を繰り返してください。
同じバックアップファイル(backup.pst)内に追加保存することが可能です。
また、受信メールと送信済みメールを別々のバックアップファイルとして保存することも可能です。
その場合は、バックアップファイル名を「backup.pst」以外に設定してください。


8.バックアップしたファイルをOutlook2007にインポートするには、[ファイル]−[インポートとエクスポート]をクリックします。




9.以下のウィンドウが表示されたら、「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択し、「次へ」をクリックします。




10.インポートするファイルの種類は「個人用フォルダファイル(.pst)」を選択して「次へ」をクリックします。




11.インポートするファイルの保存先とファイル名を指定します。
「参照」ボタンをクリックして、保存先とファイル名を指定してください。
先ほど、デスクトップに保存した「backup.pst」というファイル名を指定します。
設定が完了したら、「次へ」をクリックします。




12.インポートするフォルダの選択画面が表示されたら、「完了」ボタンをクリックします。




13.以下のウィンドウが表示されて、メールのインポートが開始されます。
ウィンドウが閉じたら、メールがインポートされているか受信トレイを確認します。