Windows Liveメールのメールのバックアップとインポート

[メールのバックアップ]

1.Windows Liveメールを起動し、[ファイル]-[電子メールのエクスポート]-[電子メールメッセージ]をクリックします。




2.エクスポートする電子メールプログラムを選択します。
「Microsoft Windows Liveメール」を選択して「次へ」をクリックします。




3.メールをエクスポートする場所を選択します。
ここでは、デスクトップ上にある「mail backup」フォルダに保存します。




4.エクスポートするメールフォルダを選択します。
受信したメールだけをエクスポートしたい場合は、「選択されたフォルダ」から「受信トレイ」を選択します。
ここでは、「すべてのフォルダ」を選択して「次へ」をクリックします。
「すべてのフォルダ」を選択すると、受信したメールだけでなく送信済みメールのデータなどもエクスポートされます。




5.エクスポートが終了したら、「完了」をクリックします。
エクスポートしたフォルダにデータが保存されていることを確認しておきます。





[メールのインポート]

1.ここでは、デスクトップ上の「mail backup」というフォルダに保存したデータをWindows Liveメールにインポートしてみます。


2.Windows Liveメールを起動し、[ファイル]-[インポート]から「メッセージ」をクリックします。




3.インポート元の電子メールの形式を選択します。
Windows Liveメールからバックアップしたので、「Windows Live メール」を選択して「次へ」をクリックします。




4.バックアップしたメールデータのフォルダを指定します。




5.インポートするメールを選択します。
受信したメールだけをインポートしたい場合は、「選択されたフォルダ」から「Inbox」を選択します。
ここでは、「すべてのフォルダ」を選択して「次へ」をクリックします。
「すべてのフォルダ」を選択すると、受信したメールだけでなく送信済みメールのデータなどもインポートされます。




9.インポート完了ウィンドウが表示されたら、「完了」ボタンをクリックします。




10.Windows Liveメールに「インポートされたフォルダー」が表示されます。
インポートしたメールを選択してWindows Liveメールの「受信トレイ」などにメールを移動
します。
全ての移行が終了したら「インポートされたフォルダ」以下は不要ですので、削除してください。
また、デスクトップ上の「mail backup」フォルダも不要なので削除してください。